ウォーターサーバーの使い勝手を比較してみる

ウォーターサーバーを選ぶポイントとして、「水の種類」「料金」などを紹介してきましたが、もうひとつどうしても外せないポイントがあります。
それはウォーターサーバーのサーバー自体の使い勝手です。

ウォーターサーバーは基本的に水の入ったペットボトルをサーバー機の上部において、腰の高さの注ぎ口から水やお湯をだすというシステムになってますが、
この水やお湯のでる注ぎ口というのはウォーターサーバーを販売している会社によって、その幅やコックの形、またはお湯をだす時に解除法、はたまた注ぎ口自体の窓口の
広さと
いうものが全て違うのです。

カップを置く場所から注ぎ口の高さまでがそんなに使い勝手に関係してくるものなのかと思うかもしれませんが、カップだけを置くのでしたらどの会社のウォーターサーバーも
それほど遜色なく利用をする事ができるはずです。

しかし、ウォーターサーバーを利用している人の全てがカップのみを置いているとは限りません。
熱いお湯が出てくるのですから、そのお湯を利用してコーヒーを飲むことに利用をしたいと考えている人もいるかもしれません。
この場合のコーヒーはインスタントではなく、ドリップをするものとして考えてみて下さい。
カップの上にドリップ用の容器を置き、そこにお湯を注がなけばなりません。
この時、注ぎ口まである程度の高さが無ければ、容器を傾ける事になります、これが赤ちゃんの哺乳瓶のように細長いもので斜めにしても大丈夫な場合なら良いのですが、
コーヒーを入れる容器の場合には斜めにしてしまっては、容器の端からコーヒーやコーヒー豆がこぼれてきてしまう事も考えられます。

またカップラーメンをウォーターサーバーのお湯を使って作ろうとした時にもある程度の高さがないと、縦型のカップの場合などには斜めにしないといけません。

こうした事は極端な例かもしれませんが、ウォーターサーバーは設置したからには毎日利用したいものです。
その時に、もう少し高さがあればとか、もうちょっと注ぎ口が低い位置にあったらといったような後悔をしながら使っていては、せっかく取り入れたウォーターサーバーも
利用頻度が徐々に減っていく事でしょう。

そんな事にならないように、ウォーターサーバーを選ぶ時には、「水の種類」「料金」などと並んで、このウォーターサーバーのサーバー機自体の使い勝手というものを
よく確認したうえで利用を初めて欲しいと思います。