種類が豊富な天然水

ウォーターサーバーの水に「RO水」という水があるという事は前途で述べましたが、ウォーターサーバーの水にはもう一種類の水があります。
それが「天然水」です。

これは日本だけでなく、世界の各地の水がありますが、それぞれ特定の原水から採水された地下水をろ過・沈殿そして過熱殺菌以外の化学的そして化学的処理を行わない水を
天然水としてペットボトルに詰めてウォーターサーバーの水としていますので、それぞれ採水をされた地域によって「水の味」というものが違うという事が特徴です。
そしてその地下水に含まれているミネラルをそのままに近い状態で摂取する事ができるという点も大きな魅力です。

この天然水はRO水と違い、採水をされた場所によって「水の味」が違いますので、いろいろな水を試してみて、ご自分の好みの味を探し出すという楽しみもあります。
そして日本の水は軟水ですが、海外の水は硬水が多いという特徴もありますので、用途によって軟水にするか硬水にするかという事も選ぶ事ができます。

味を楽しみ、好みを追及できる「天然水」ですが、デメリットもあります。
そのデメリットというのは、RO水と比べてみると、比較的価格が割高になっているという事です。

しかし、これは考えてみれば仕方のない事で、限られた原水から地下水を汲み上げて、安心して飲料をすることができるような状態にしているのですから、それなりのコストが
係っているという事なので、RO水に比べてどうしてもコストが割高になり、それが販売価格に反映をしてくるという事は致し方ありません。

そうして考えてみると、ウォーターサーバーの水をRO水にするのか、天然水にするのかというのはご自分のライフスタイルを考えて選択をしてもらう事がベストだと言えます。

小さなお子様がいらっしゃって、お子様にもウォーターサーバーの水を利用したいと思われるようでしたら、子供さんにも安心なRO水をお勧めしますし、
生活の中に潤いとして多少割高でも水の味を楽しむという利用をしたいと思うのでしたら、天然水を利用する事をお勧めします。

どちらの種類の水を選ぶのかは、ご自分、そしてご家族の生活スタイルの中で占める「水」というものを考えて決めて下さい。